ブログトップ
いつもどこかで朝が…
秋の夜長に冒険を
ことばは沈黙に
光は闇に
生は死の中にこそあるものなれ
飛翔せるタカの
虚空にこそ輝ける如くに
-『エアの創造』- (ゲド戦記1)

10月後半の怒涛の修了時評価ミッション受け入れと研修を終えて
文字通り、飛んで日本に帰って来ました。
あと一回の派遣でプロジェクトは終わり。
なんだか寂しい。
もうウシもニワトリも見れない…
いや、そっちじゃないでしょう。
もっと寂しがるポイントは別にあるんだけど。

今回は、こないだも帰ってきたのに、また帰ってきたの?的なお出迎えもありましたが、
「帰ったら食べたいものリスト」ナンバー1のお寿司をソッコー食べに行き、
毎日オフィスの近くで食べられるランチのメニューにワクワクし、
紙でしか買えない本を買い漁りに毎日本屋さんに通い、
剣客もの(その名も『剣客商売』とか、『竜馬がゆく』とか、『花のあと』とか『蝉しぐれ』とか)にはまりすぎて剣道習いたい衝動に駆られつつ、映画観にいって(何を観たでしょう?ヒミツー)
気付いたら11月も半ばを過ぎてしまいました。

『竜馬がゆく』もまだ2巻目なのに、マイ剣客ブームは過ぎ去りつつあり、
せっかく紙の本が読める日本では、冒険ブームに突入。
もちろん冒頭に紹介したゲド戦記。
この詩にぐっっっと来すぎて読んでる間中ずっとクラクラして、読み進めませぬ!
児童文学とは思えない人生の機微がそこここに。
まだゲドは学院に入ったばかりですが、もはやこぶしを握りそうな予感が(以前、山崎豊子著『不毛地帯』を読んでいて最後の巻で思わずこぶしを握ってしまったことが。そう、あの石油のとこですよ)。
これは箱買いすべきだったか(箱に入って全シリーズ売ってた)。
そしてKindleではナルニア国物語のサンプル版を試し読み中。
魅惑のターキッシュ・デライト…。日本じゃあまりお目にかかれませんが。
因みにKindleは分からない単語を指でなぞると辞書が出てくるので便利。
あまりにやりすぎて紙の本でも、ビッと指でなぞってしまいそうになる。
本屋さんのないところにいる間、Kindleは本当に便利で3日に一冊くらいの勢いで本を買っては読んでるのですが、1クリックで本を買ってダウンロードできる便利さは、本購入費支出の増加に絶大なる影響を及ぼす。帰国して、クレジットカード明細を確認するとひと月に買った本の料金の合計に結構毎回愕然とする。でも止められない!
ということで、次は指輪物語に行こうかなー。
(一度、原書でトライしたら10ページで挫折した。邦訳の本は児童書コーナーにあったけど、あれは本当に児童文学なのか?)
[PR]
# by joi-mako | 2014-11-20 11:09 | Comments(0)
停電日は満員御礼
このひと月ほどほとんど毎日停電している。日中仕事しなければならない時間、ほとんど電気が通ってない。電気代あがったというのに、全く…一体何をやっているんだか。
日本では台風の季節でネットニュースを見ると台風関連情報があふれている。
そして停電もニュースになっている(!)
日本では停電がニュースになるようなことなんだーと
知らない間にシニャンガに染まりきってしまったことを再確認する。
停電をニュースにしている場合じゃないほど、毎日停電日。

電気代はプリペイド式なので使わなければ、もちろん減りはしないけど(オフィスで使ってる無線LANは調子が悪くて数日使えなかったとしても、容赦なくお金支払った日から30日後につながらなくなる)、なんだか納得いかぬ。
無事に電気が来ていても、風が吹いたり雨が降ったりすると(まあ、ハンパないのでね)止まる。
最初の頃は、サバイバルだーとか思って無邪気にはしゃいでいたが、
最近では、電気通ってる間に紙の印刷(結構なアナログ社会ですのでね、多いのですよ)とか
スキャン(領収書を1枚ずつ全部スキャンして東京に送るのですよ。それも自動原稿送り装置ついてないからね1枚ずつ、一回ずつ蓋開けて、蓋閉めてってやってるんです。その途中で電気止まると全部最初からやり直しなので最悪)とかを
やってしまわなければ!という強迫観念に苛まれる。

これだけ停電すれば、またかよ、と思う程度に慣れはするものの、ジェネレータ用の燃料代がバカにならないので、その分お金返してほしいとか思ってしまう。
それにジェネレータの電気だと多分あんまり安定してなくて、しかもそんなにパワフルでもないので、電気を喰ってしまうプリンターを使うとジェネレータが、
あ!もうダメです!!スミマセン、息切れします!!!
とーめーーてーーーー!!!!
って言ってるような音を立てるので怖い。
さらにプリンターも最近音が怪しい。不安定な電気使いすぎて壊れたんじゃないだろうな???
あと5ヶ月もってくれ!頼む!

というような感じでオフィスで仕事をする日に日中停電があれば、ジェネレータを使っているわけですが、
音がうるさいのでオフィスの外に出して使っている。
うちのオフィスは角っこにあるので、それが目立つようで、
その割に目立たない看板のため(ティンガティンガの小さな名前プレートにJOICFPと描いてあるものをガラスドアにつるしている)外から見てコンピュータの並んだオフィスは、文房具屋さんに見えるらしい。ここの文房具屋さんは、文具を売るだけでなく、コピー、印刷、タイピング、ラミネート加工等々、事務仕事全般をやってくれる。そしていくつかの文房具屋さんではジェネレータを動かしてでも停電中は営業している。
角にあってコンピュータがたくさん見えて、ジェネレータを使っていて、ここはオフィスですという風に目立つような看板もないところ…道行く人には文房具屋さんかインターネットカフェに見えるようで、停電中は特に千客万来である。

違いますよって言えば済むことなので、別にいいんだけど、今朝だけで3組もお客さんがあった。
なんなら、副業としてやりましょうか。
タイプするスピードなら、きっとこの辺の誰よりも早いだろうし(スワヒリ語は打てないが)、
ジェネレータがごふごふ咳してるような音を立てても一応プリンター使えるし、コピー機としても機能するし。それで小銭が稼げて燃料代の足しになるかも!
ってそんなこと言ってる場合じゃなくて、
それよりも何よりもTANESCOよ、いい加減、電力供給安定させてくれ。
[PR]
# by joi-mako | 2014-10-15 18:13 | Comments(0)
トリ ムチュウ
まだ乾季なはずなのに、先週は3回か4回くらい雨降った。
早めに雨季突入か!?
村に毎日通わねばならない活動が終わってからにしてくれ~
とスタッフ一同ご先祖様にお願い中。
うちのスタッフの一人(自分のウシジョークに大ウケしてたスタッフ)が、
あまりに暑いから風を吹かせてくださいって昨日ご先祖様にお願いした、と言っていた日は大風が吹き(外で仕事してたら、小さ目の持ち運び可能なホワイトボードが倒れてゆがんだ。借り物なのに!)、
その次の日は大雨だった。
いい仕事してくれますな、ご先祖様。

そして雨が降って水たまりができたら大活躍なのが
こちらのオトリサマ。
c0227132_22242788.jpg

ブワナ・アフィヤという名前。
Health officersという意味らしい。
ペリカンのようにでっかい嘴で何でもさらえて食べて
その辺を綺麗にしてくれるからだそう。
結構な大きさなので、街中で出会うとびびるのですが、
重宝されている感じ。

またトリネタかぁ…
ちょっと多すぎですか?
[PR]
# by joi-mako | 2014-10-06 22:32 | Comments(0)
シリーズ: 珍しいおやつ
これはさとうきび。
c0227132_14302427.jpg

いっつもボヤけた写真ですみません…。
携帯のカメラじゃいまいち、なのか私の腕がいまいち、なのか。

このさとうきび、おみやげでもらったもの。
見た目も手触りも竹のよう。
包丁で皮剥いて食べてね、と言われたものの
あまりに固くて自分じゃできなかったので
お手伝いさんにお願いした(3分の2は差し上げました)。
で、もらったのがこの状態。
真ん中に十字の切れ目を入れてもらって噛みやすく。
かたーい繊維の間から甘い液体が口の中にじゅわっと。
砂糖の原料ですが、味はヤシの実ジュースみたいな
やさしい味(例えが熱帯特有ですみませんな)。

お次はこれ。
c0227132_14362478.jpg

セネネといいます。
何を隠そう、昆虫でございます。
そうそう食べる機会もないだろうと思い、
「虫である」…という事実を無視し、
食べてみました。
目はあるけど、脚はむしってあるのであんまり虫っぽくないし、
考えたら、海老っぽく見えなくもない。
味もそんな感じ。
あ、でも味はもうちょっと濃厚だったかな。

因みに獲るのが大変なので、結構お高め。
食べる部族とそうでない部族がいるようで、
現地スタッフの一人は勧めて説明してくれたけど、
もう一人は、「目が怖い、こっち見てる…」と言いながら、
目をつぶって一口食べて、もういいと言ってました。

ま、何事も経験である。
日本でも食べるイナゴは…いいかな、食べなくて。
[PR]
# by joi-mako | 2014-09-30 14:45 | Comments(0)
メイズ友の会 会報1号
キターーーーーーーーーーーー!
来ましたよ、メイズが!
まだ雨季じゃないんだけど、灌漑で作ったというメイズ。
供与する医療資材を買いにいった先で、
運転手さんが、メイズあるよ、ほしい?(彼は知っている、メイズが私の大好物であることを)って言って教えてくれたんだけど、
就業時間中につき断念。
帰りに寄って、運転手さんに焼きメイズ一本、私に焼きメイズ一本、私にもう一本生メイズ、買いました。
なんと、香ばしくてウマいのか!?
いろいろありすぎて、もう笑うしかない状態だった日の夕方、
食べ損ねたお昼の代わりに幸せを頬張りました~。
c0227132_17261461.jpg

焼きメイズは食欲に負けて写真撮ってる場合じゃなかったので
茹でメイズのお写真。
あ、因みに、会報出すくらいですから、ちゃんと会員いるのですよ。
誰かは教えてあげないーーー。
[PR]
# by joi-mako | 2014-09-20 17:31 | Comments(2)