ブログトップ
いつもどこかで朝が…
<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
なぜゆで卵に失敗するのか?
シニャンガに来て、変わったことと言えば、食べ物の好き嫌い。
以前は苦手だったものが、こちらでは食べられるようになった。
牛肉、バナナ、鶏レバー、かぼちゃ、サツマイモ…
香りが強いものと、食べるとオホッとする系がダメだった。
なかでも筆頭はゆで卵。
卵料理全般は、少々苦手だったが、ゆで卵はもっさもさするし、
胃にはりつくような感じでもたれるので、絶対に手出さへんもんやった。
朝、卵料理を食べようものなら、一日中胃がもたれてるので卵料理は昼以降にしか食べへんかった。
が、研修が隔週で続いていた頃、会場で出る朝ごはんのゆで卵をなぜかその時は食べてみよう、と思い、試したら、なんと!ゆで卵ってこんなにおいしいもんやったんか!?と
驚愕の思いで食し、おかわりまでしにいった(一人ひとつずつしかないので結局おかわりもらえへんかった)衝撃の出来事。
なんせこの辺ではニワトリ様が人間とともに普通に歩いていらっしゃる(自転車が目の前を通る時は立ち止まり、交通ルールも守っていたりする)。
きっと卵も新鮮に違いない、と一人、悦に入り、卵を近くで買い求め、気が向いたらゆで卵を作って食べるようにした。

しかし…

長らくゆで卵から離れていたせいなのか、
私は致命的に料理がヘタなのか、
なんとゆで卵に失敗したのである。
しかも、2回も。

どうやってゆで卵なんぞに失敗するのか?
ネットで作り方を確認したら、沸騰しているお湯に卵を入れて、
と書いてあったのでその通りにしたら、
パッカーーーンと威勢のいい音がして、殻が割れた…。
黄身は妙に固いのに、白身はぶよぶよして、少々不気味な物体に。
作り方、2種類、見ました。
どっちも沸騰してるお湯に、と書いてありました。
で、失敗しました。

人に言うと、何アホなことしとうねん、と呆れられ、
ゆで卵は水からゆでるものである、と教えられました。
人生半ば近くになってようやくゆで卵の作り方を学んだ私、
それ以降、嬉々として作っておりました。
そして今日、オフィスの管理人のようなことをしてるおじいちゃんが、平飼いの卵(普通のより小さい)が手に入ったから、と売りに来たので即購入(今まで食べてたのはブロイラーの卵だったことが判明!それでも日本で食べるのより美味しかった)。
喜び勇んでその貴重な卵を茹でてみたら、また失敗。
いつも通りに作ったさ。
ワクワクして殻を割ったら、しゅるしゅるになって全く茹で上がらなかった白身部分が流れ出て、続けて殻を剥いたら、未だかつてない固さ(食べたらコリコリした)に仕上がった白身部分とに分かれるという事態に。

なんで?
どうして?

長らく忌み嫌っていたことを恨みに
ニワトリ様がバチを与えているのでせうか。
そのようなつれないことをおっしゃらず!
ニワトリ様、タマゴ様
次こそはどうぞ美味しく仕上がってくださいまし。
c0227132_1962194.jpg

仲良しの2羽。連れ立って歩くのが今風?
[PR]
by joi-mako | 2013-09-17 19:07 | Comments(0)
Daily Shinyanga
ちょっと新聞風のタイトルつけてみましたが、
なんのことはない、シニャンガでのワタクシの一日について、
でございます。
シニャンガに戻って2週間ちょっと。同じように朝起きて、仕事して、帰ってきてまた寝て、という生活ではありますが、やっぱりちょっと違う日常。

7:00ごろ 起床
大体目覚まし時計は6:50にかけて、最近は7:10ごろ起きる。
10分ごとのスヌーズで寝たり、起きたり、を繰り返す…
さっさと起きればええのに、朝は弱い。でも昔は目覚まし3つかけて、起きひんかったから、まだマシになった方。
早く寝た次の日はもっと朝早く目覚めるけど、赤道近くで夜明けは遅いため、朝早くに目覚めてもまだ真っ暗で、早起きは三文の徳…という気になれぬため、あえなく退散。二度寝。

顔を洗って、歯磨きして、身支度を整えて、
その後紅茶飲んで、残りの10分くらいは本を読んで迎えの車を待つ。

7:50 出勤
ドライバーさんに迎えにきてもらって車で出勤。
社長待遇!

8:00 勤務開始
まずはスタッフ全員でオフィスのお掃除から。
雑巾がけ、掃き掃除、モップ掛け。
オフィス前の道は舗装されてへんので風がふけば桶屋がもうかる。
…じゃなくて、砂が舞い上がる。
乾季は砂まみれ。雨季でも、なんとなくジャリジャリする。
窓のサッシが日本のようにぴっちり閉まらへんので、窓を閉めてても入ってくる。
夜の間にしんしんと…積もる砂。
毎朝机を拭く雑巾が真っ黒に。分かっていても止められない、指で埃の積もり具合を調べるしぐさ。毎日小姑…
ノートパソコンを開きっぱなしで置いておき、小一時間、外での打ち合わせに出てから帰ってくると、もはや積もってる…。
いつか壊れるんちゃうかと心配の種(今はちゃんと閉じてノートPCケースを上に置いてから出かけてます)。

9:00ごろ 朝ごはん
しばらく前までは、家で朝ごはんを準備して食べてから出勤してた。
けど、だんだん面倒になって結局出勤してから近くで買って食べることに。
私の朝食は、チャパティ一枚、300シリング(18円くらい)也。
小麦粉を水と塩で練って、薄くのばし、た~っぷりの油で焼いたもの。
ふとりそー・・・

そして毎日のように必ず誰かは訪れる、行商の人々の対応。
野菜と果物を売りに来るおじいちゃん、
ピーナッツとゴマのお菓子を売りに来る、スワヒリ語で返さないと怒るちょっと厳しいおばあちゃん、
バナナ(最近商売替えをして今扱うものはトマトらしい)を売りに来るお兄さん、
青菜を売りに来るお姉さん…
ここでは、お客さんは誰でもウェルカムせねばならない。
だから買わずとも、訪いがあれば一度は必ず招き入れる。

午前中 外部との打合せ、村の診療所訪問等
このプロジェクトの関係者はほとんど県行政の人。
行政の業務時間は7:30~15:30のため、彼らと打合せをするなら午前中に済ませねばならない。そして日本のように事前にメールでアポをとって、伺って、という段取りではほとんどうまくいかへん。アポなしで、朝の掃除をすっぽかし、朝ごはん抜きで朝早い時間に突撃するか、事前にいつ頃ならオフィスにいるか確認し、その日の朝電話で確認し、オフィスに向かう直前にも確認し、それでやっと会える、という感じ。一回確認しただけで、電話で言われた日時に言ったら、もう出かけてておらへん、っちゅうのはザラにある。

村にある診療所で会合があったり、届けもの(資材とかね)があったり、データ収集に行ったり、という場合は9時にはオフィスを出発。帰ってくると大体14時かな。

13:00~15:00のうち1時間 昼食
ここは朝ごはんが遅いからなのか、お昼ご飯も日本と比べると遅い時間に設定されとう。
少なくとも13:00になってへんと、レストランで食事が用意できてへん。
ということで大体お昼は13:00すぎになるものの、大抵、ちょうどそのころに仕事が乗ってきてしもうて、手が離せん!みたいな状況のため、最近は13:30とか14:00くらいにようやく席をたつ。
お昼ご飯はこんな感じ

本を読みながら、1時間休憩。
こっちにいると「ザ・日本」に飢えるので、最近は時代小説にはまりかけ。
藤沢周平氏の『蝉しぐれ』良かった~。勢いあまって藤沢作品大量購入。
池波正太郎氏と司馬遼太郎氏の作品にも触手をのばし中。
宮部みゆき氏の時代小説が好きなのだけど、Kindle化されないので日本に帰るまでおあずけ。

15:00~16:30 残りの仕事
ご飯の後は、残ってる仕事をひたすら片付ける。
いつの間にか終業時間の16:30になってるので、
オフィスを片付け、戸締りして、
またドライバーさんに送ってもらい、17:00までには帰宅。
残業するとドライバーさんにも残業してもらうことになるため、定時に帰ることにしている。

17:00~22:00 まだまだ残りの仕事+自由時間
大抵仕事は終わらへんし、家でやった方がええ仕事とかもあるんで、帰ってさらに仕事。
例えば、今日一日のお金の出し入れを、毎日記録。財布に入れてあるメモ用紙に手書きし、さらにエクセルにも記録。そうせんと、いろんな「財布」があるし、手元の現金と口座の残金と、手元にある領収書と総出納帳と近い将来引き落とされるけどまだのものとかいろいろあるので、ややこしくっておいかけられへん。預かった大切な資金である以上、気は抜かれへんのです。
プロジェクト目標の達成度合いをはかる指標も、落ち着いて一人で地道に数字を拾って、考えをめぐらすべきものとか、報告書を書くの、とかも家でやる。
そこまで仕事に追われてへんときは、時間があれば本を読む。

昼食が遅いのと大量なのとで、ほとんど夕食は抜き。

22:00ごろ シャワー
以前は朝シャン派だったものの、現在の日本の自宅、冬は極寒の地と化すため、朝のシャワーは拷問に近い。夜、湯船につかってあったまってから寝る習慣にしてから数年、シニャンガでも夜シャワー。加えて、ここは暑いし、砂まみれになるし、汚れたまま眠るのは少々厳しい。
湯船に浸かれないのは悲しいが、お湯が出るだけでありがたい、ここシニャンガ。

でもたまにシャワー浴びる作業も疲れてしまい、しばらくソファで休んでから、ということも。気づいたら就寝時間が24時を過ぎてたりしてちょっと慌てる日もアリ。

そんな毎日。
シニャンガ・ライフ。
[PR]
by joi-mako | 2013-09-12 19:27 | Comments(0)