ブログトップ
いつもどこかで朝が…
<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
チャリタクに乗って
ここシニャンガには、車のタクシーと、バイクタクシー、
そして自転車タクシーがある。
そうそう、普通の自転車、チャリンコの後ろに、
板を置いて多少座りやすくし、サドルの後ろに
持ち手をつけて(乗客はそこを握る)、
乗客はその荷台に横座りする。
最近、週末出勤やらなんやらで、運転手さんがいない時に
オフィスに来ることがあり、これまでに3回、挑戦してみた。

最初の乗車の恐ろしかったこと、恐ろしかったこと!
やめて〜、止めて〜!と言いそうになった。
最初は怖くて横座りができず、またいで乗ってみた。
コンピュータの入ったバッグを持って。
自転車なんてそもそも最近全く乗らへんのに、
久々に乗ったんが後ろの荷台。
しかも重い荷物を持って。バランスとれずにフラフラしそうで、
しかも曲がる時には自転車少し倒れるし、
後ろから車がびゅんびゅん走っていくし、
道路はガタガタやったり斜めってたり。
初めての乗車の時は、えらい失敗したわーと思った。
が、ほんまに最後の方になって、
あら、案外風が気持ちいいやん、とふと思ってしまった。

しかもオフィスからホテルまで300シリングくらい。
15、6円くらいか。
この距離、車のタクシーでいくと3000シリング
(150〜160円)くらい。
やっぱり10分の1の値段では、そっちに行ってしまう。
(ただし、朝、ホテルからオフィスに行くのに
オフィスの位置をスワヒリ語でまだ説明できず、
できたとしても、運ちゃんの返す会話がわからんので、
朝は自分で歩くか、車のタクシーを呼んでしまう。
ホテルは大体の人が知っとうので説明不要。
が、今日の運ちゃんは知らんかったので
あっち!こっち!と指差しで誘導しつつも
えらい遠回りをしてしまった。)

どちらも交渉せんといかんので、大体の値段。
日本円にするとめっちゃ安いので、
それぞれ100シリングとか1000シリングくらい
つりあげられたところで大差ないのですが、
ここでそれを許してしまうと、
日本人なら、外国人ならどんどん取れる!
と思われるようなので、一応値切る儀式を通過する。

因みに今日はチャリンコタクシーで
1000シリングと言われた。
1ドルにも満たない金額ではございますが、
チャリタク的には法外な値段なので、交渉不成立。
3人目にしてようやく300シリングで合意。
今日は乗る時に、サンダルが車輪に挟まれ、
変形(後に反対に折り曲げて自分で修復)。
途中で運ちゃんがホテルの場所を知らないことに気づき、
あっちやこっちやと誘導。
えらい大変な旅でしたが、ちょっと体の力を抜いてみると
あら不思議。楽に乗れるではないか!
ということに気付いた。

前回と今回は、横座りに挑戦しており、
そっちの方がバランスとりやすいことも発見。
あとは、スカートやらサンダルやらを挟まれんように
気をつけることと、
重い荷物が急にどっかいかへんように気をつけること、
くらいかな。
慣れたら、道中、必ず挨拶だかなんだかよく分からへん
かけ声をしてくる大勢の人たちに言葉を返せるかもしれへん
(よく「○○人!」と叫ばれるので、違う!と返したい)。
そして道順を知らん運ちゃんに、
教えられるほどのスワヒリ語を学んでおきたい。
Safiri salama!(気をつけて、くらいな意味かな。多分)
[PR]
by joi-mako | 2012-12-21 20:16 | Comments(2)
暑い田舎で暮らす刺激とは
シニャンガに来てひと月半経ちました。
早い!未だ何も学んでへん感じやのに。
ここはスワヒリ語での挨拶が必須なので、数少ないボキャブラリーで挨拶すると、それ以降スワヒリ語でダーッと喋りかけられ、困る毎日。
因みにここでの挨拶は長い。
目上の人に必ず言う言葉。朝の調子はいかが?仕事の調子は?オフィスは?家族は?日本は?みたいな感じで続く。
挨拶以外で最初に覚えたのは「冷たいビールをください」
銘柄も結構覚えた。やはり必然性か?
今日は「朝ご飯とお昼ご飯は何人分を、水とソーダは何人分!」を、言えるようになった。
しかし、えーっとって一度考え込んでやっと言える程度。
そして言えても、相手がなんと言うてるか分からん。
大丈夫なんやろうか、こんなんで…

それにしても、本当にここは田舎です。
こんなところに1週間以上滞在するのは人生初。
長くいればいろいろと発見があります。
さて、田舎暮らしの刺激とは?

1.停電が多い!ほとんど毎日ではないかと思う時期もあった。しばらくは我慢するものの、長時間の場合は、オフィスでもジェネレータを使う。そのひとつの電源にたこ足電源状態になり、オフィスの床はコードでうじゃうじゃ。ホテルでは、ジェネレータで辛うじて明かりだけつく。扇風機もテレビも冷蔵庫もつかへん。でもねー、停電の時は夜、真っ暗なんで、空が晴れとったら星がたくさん見えます。何かひとつ手元から失うと、また別のものを得られるのです。

c0227132_17283982.jpg


2.水も止まる!ホテルではあまりないけど、オフィスの方では水が止まることもしばしば。そのため、置き水があり、それを使用。なかなかサバイバルな様相でオフィスワークではちょっとワクワクしてしまいますが、水がないということは診療所では一大事。医療に清潔な水は必須。水道が通ってるところも少ないんで、雨水をためるタンクが置いてあったり、日本の方々からのご支援で水タンクを作ったり。

c0227132_17294145.jpg


3.ソーダが美味しくなる。暑い時はものすごく暑く、日差しもハンパなく強烈なので(クーラーがあるところは少ない)、一日を終えるとぐったり。そんな時に甘くて冷たくてシュワシュワしてるソーダは、本当に救いのように美味しい。しかし飲んだ後、オレンジ味のソーダの場合、舌がオレンジ色に変化しとうし、砂糖もたまげるほど入っとうに違いないから、危険やわ〜。

4.砂埃がすごくてノートを開いたまま置いておくと、砂埃がうっすらつもり、ボールペンで文字が書けへんようになる(因みに、こっちで売っとう「オバマペン」では書ける。日本のペンやと無理)。食事も砂まじりがデフォルト。こないだはガラスの小さな破片が。胃が傷ついとったらどうしよう…。車で村まで行く時は、大体クーラーつけてないんで窓を開けて疾走。乾いとう時は砂埃が舞うので、服が赤茶ける。白いポロシャツの襟の部分が真っ赤になっとったんを見た時はびびった。

5.オフィスの近くにお住まいの鶏一家のお父さんが、周辺を見回りしてはるのを確認するのが日課になる。オフィスのドアはガラス戸のため、お父さんが横切ると見えるんです。そして朝に限らず日中結構雄叫びをあげてはるんで、日本とスカイプ時はきっと、コケコッコー!!!が日本側に聞こえとうと思う。写真では小さくて見えへんけど、真ん中にポコッといはるのが鶏のお父さん。背筋もビシッとしとってかっこいい。

c0227132_17332843.jpg


6. 必然的になんでもできるようになる(はず。うちはまだなってへん)。一年以上前からここで仕事をしている同僚(日本人)は、コンピュータのことも詳しいし(本人的には全くの素人、らしい)、なんでもなんとかしようとするガッツがある。この間なんて、湿度の変化のせいか、少し反って形が変わって閉まらへんようになったドアを、南京錠(デカくて重い)でガンガン叩いて、本当に直してしまった。物がなくて、助けてくれる人もその辺にいなければ、なんとか工夫して自分でどうにかするしかないから、か。逞しい。

日本のスタンダードでは予測不可能な毎日。
刺激的で楽しすぎる。

おっと、これ書いとう間にも停電でございます。
そろそろコンピュータのバッテリーが切れるのでこの辺で。
[PR]
by joi-mako | 2012-12-17 17:47 | Comments(0)
暑い田舎で暮らす刺激とは
シニャンガに来てひと月半経ちました。
早い!未だ何も学んでへん感じやのに。
ここはスワヒリ語での挨拶が必須なので、数少ないボキャブラリーで挨拶すると、それ以降スワヒリ語でダーッと喋りかけられ、困る毎日。
因みにここでの挨拶は長い。
目上の人に必ず言う言葉。朝の調子はいかが?仕事の調子は?オフィスは?家族は?日本は?みたいな感じで続く。
挨拶以外で最初に覚えたのは「冷たいビールをください」
銘柄も結構覚えた。やはり必然性か?
今日は「朝ご飯とお昼ご飯は何人分を、水とソーダは何人分!」を、言えるようになった。
しかし、えーっとって一度考え込んでやっと言える程度。
そして言えても、相手がなんと言うてるか分からん。
大丈夫なんやろうか、こんなんで…

それにしても、本当にここは田舎です。
こんなところに1週間以上滞在するのは人生初。
長くいればいろいろと発見があります。
さて、田舎暮らしの刺激とは?

1.停電が多い!ほとんど毎日ではないかと思う時期もあった。しばらくは我慢するものの、長時間の場合は、オフィスでもジェネレータを使う。そのひとつの電源にたこ足電源状態になり、オフィスの床はコードでうじゃうじゃ。ホテルでは、ジェネレータで辛うじて明かりだけつく。扇風機もテレビも冷蔵庫もつかへん。でもねー、停電の時は夜、真っ暗なんで、空が晴れとったら星がたくさん見えます。何かひとつ手元から失うと、また別のものを得られるのです。

c0227132_17283982.jpg


2.水も止まる!ホテルではあまりないけど、オフィスの方では水が止まることもしばしば。そのため、置き水があり、それを使用。なかなかサバイバルな様相でオフィスワークではちょっとワクワクしてしまいますが、水がないということは診療所では一大事。医療に清潔な水は必須。水道が通ってるところも少ないんで、雨水をためるタンクが置いてあったり、日本の方々からのご支援で水タンクを作ったり。

c0227132_17294145.jpg


3.ソーダが美味しくなる。暑い時はものすごく暑く、日差しもハンパなく強烈なので(クーラーがあるところは少ない)、一日を終えるとぐったり。そんな時に甘くて冷たくてシュワシュワしてるソーダは、本当に救いのように美味しい。しかし飲んだ後、オレンジ味のソーダの場合、舌がオレンジ色に変化しとうし、砂糖もたまげるほど入っとうに違いないから、危険やわ〜。

4.砂埃がすごくてノートを開いたまま置いておくと、砂埃がうっすらつもり、ボールペンで文字が書けへんようになる(因みに、こっちで売っとう「オバマペン」では書ける。日本のペンやと無理)。食事も砂まじりがデフォルト。こないだはガラスの小さな破片が。胃が傷ついとったらどうしよう…。車で村まで行く時は、大体クーラーつけてないんで窓を開けて疾走。乾いとう時は砂埃が舞うので、服が赤茶ける。白いポロシャツの襟の部分が真っ赤になっとったんを見た時はびびった。

5.オフィスの近くにお住まいの鶏一家のお父さんが、周辺を見回りしてはるのを確認するのが日課になる。オフィスのドアはガラス戸のため、お父さんが横切ると見えるんです。そして朝に限らず日中結構雄叫びをあげてはるんで、日本とスカイプ時はきっと、コケコッコー!!!が日本側に聞こえとうと思う。写真では小さくて見えへんけど、真ん中にポコッといはるのが鶏のお父さん。背筋もビシッとしとってかっこいい。

c0227132_17332843.jpg


6. 必然的になんでもできるようになる(はず。うちはまだなってへん)。一年以上前からここで仕事をしている同僚(日本人)は、コンピュータのことも詳しいし(本人的には全くの素人、らしい)、なんでもなんとかしようとするガッツがある。この間なんて、湿度の変化のせいか、少し反って形が変わって閉まらへんようになったドアを、南京錠(デカくて重い)でガンガン叩いて、本当に直してしまった。物がなくて、助けてくれる人もその辺にいなければ、なんとか工夫して自分でどうにかするしかないから、か。逞しい。

日本のスタンダードでは予測不可能な毎日。
刺激的で楽しすぎる。

おっと、これ書いとう間にも停電でございます。
そろそろコンピュータのバッテリーが切れるのでこの辺で。
[PR]
by joi-mako | 2012-12-17 17:41 | Comments(0)
S tano!
スワヒリ語で5Sのことです。
はて、5Sって?整理、整頓、清掃、清潔、習慣の頭文字をとったものです。
病院の環境を良くしよう、ということで日本で生まれたコンセプト(?)
我々のプロジェクトでも保健センターや診療所での
保健医療サービスの質が向上することをひとつの目的にしてるので、
この5S研修を行いました。
因みに、英語でもスワヒリ語でも見事にSで始まる単語で、
同じような意味の言葉に訳されてます。

一回目のワークショップは、今年の8月に開催したそうな。
その後のフォローアップとして今回11月に再度開催。
ちゃんとやってますか〜?という確認です。
保健施設のスタッフが対象です。
c0227132_22401110.jpg

ワークショップ前には、専門家がどんな様子か
全施設を視察&もうちょっとこうしては?という提案。
写真も撮ってまわった。
なんと!美しくなってるではないですか!?という施設もあれば、
そこまででもない施設もあり…。
でも、ワークショップ中には参加者全員で全施設を見て廻り、
チェックリストをもって点数をつけ、コンテストやります!と
伝えたところ、みなさますごくがんばった!
c0227132_22283619.jpg
c0227132_22251686.jpg

Before-Afterの比較にはなってないけど、
ピッカピカに美しいところ。

これは、点数やコンテストで勝つためではなく、
患者さんたちへのサービスが少しでも良くなるためのもの。
安全にお産ができるためには、清潔でないと何も始まらへん。
必要なものを探すのに10分かかっとったものが、これならすぐに出てくる。
いつも綺麗で気持ちがいい。
そして、なんと患者さんを迎えるために
お花を植えた診療所も!
c0227132_2230532.jpg

診療所はとにかく忙しい。
看護師さん2人(医師がいる診療所はほとんどない)で、
外来と分娩とを切り盛りしてたりする。
薬剤師さんだっておらへんから薬を出すのもこの人たち。
当然、薬の管理も、薬や資材の注文も。
電気もないし、コンピュータもない。
日本の病院にあるような機械なんてほとんどない。
水だって一回沸かさんと使えへん。
器具の消毒や滅菌も、検査だって子どもの定期検診だって、
予防接種だって自分たちでやらんといかん。
診療所まで来られへん遠くの人たちのために巡回医療も行う。
記録も手書きで。
お掃除も自分たちで
(プロジェクトではコミュニティヘルスワーカーの養成も
してるので、その人たちが保健施設と連携して
お掃除を手伝うことになってるところもあり)。
捨てる資材を焼却炉で燃やすのも自分たち。
日本では考えられへん作業を全部、いる人たちだけでやるのです。
だから、患者さんを迎えるためにお花を植えようなんて、
考えつくだけでもすごいと思うのに、実際にそこまでやってのけるとは!
加えて、壁を綺麗にペンキで塗り直し、
夜の分娩のためにプロジェクトで供与したソーラーランプ
(それまでは燃料のいるランタン(燃料代は妊婦さんもちになることも)か
携帯についとう懐中電灯で対応)をちゃんと天井に設置、
スイッチもドアの横にはりつけ、ソーラーパネルは常に
充電できるよう太陽に向けた形で水タンクの上に置いてあった。
なんとも素晴らしい徹底ぶり。
感動したなぁ。

ということで、我々も触発され、シニャンガのオフィスも綺麗にしてみました。
c0227132_22332840.jpg
c0227132_22323851.jpg

ここの人たちに東京のオフィスの自分の机は見せられぬ…。
[PR]
by joi-mako | 2012-12-05 22:42 | Comments(0)