ブログトップ
いつもどこかで朝が…
<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
休みだらけ〜
ここIPPF東・東南アジア・オセアニア地域事務局に出向する期間は、東京での仕事の動きが一番穏やかな頃を選んで決めた。
こっちの事務所も2011年の第一四半期で、と言ってきていたので、2月ごろがちょうどええんちゃうかと。

で1月17日から2月末まで6週間っちゅうことにしてもらったら、なんとマレーシアでは最も祝日の多い時期にあたってしもうた。

最初は1月20日にヒンズー教のタイプサムというお祭りがあった日。
次は2月1日のFederal Territory Dayという日。マレーシアが今のようにいろんな島から成る国として作られた日?かな。
そして旧正月が2月3日4日。こちらではChinese New Yearと呼ぶ。
最後に2月15日が、モハメッドの誕生日。

ということで華僑の人は、今週お休みをとって丸々一週間お休み。
モールやデパートは、旧正月の飾り付けで真っ赤!
「春」っちゅうことで、梅(たぶん。桜か?)モチーフの飾りもたくさん(しかもデカイ)。

しかし、こんな時期を選んで来てしまい、
実質うちがここで仕事するんは5週間。
うーん、一体何ができるのか。

とりあえず、この2週間弱でやった仕事は、

1. タイで実施予定のアドボカシーワークショップのプログラム作り

2.10月にインドネシアであるリプロダクティブ・ヘルス分野の国際会議でのひとつのセッションについてのコンセプトノート作成

3.ここのオフィスのアドボカシーや広報戦略を見て、実施計画を作るための準備作業

4.このオフィスがアドボカシーしていくにあたっての関係者分析の準備

5.この地域のIPPF加盟協会がもっているアドボカシーの能力や今後向上したい能力についての簡単な調査表作り

プラス、意外に日本でやるべき仕事がもりだくさんだったので、それも引き続きやってました。
お金くれはる国際機関への計画書のコメントとか
お金くれはるとこへの報告書のコメントとか
今後の国際会議へのNGOの参加についての関係者との協議とか。。。

文字で書くとかなりたいしたことない感じですな。
でも普段の仕事ってこんなもん?

そのうち、カードリーダーをゲットしたら
(もはや買った方が早そう)
ここのスタッフの写真をとって、紹介しようと思います!

では明日からしばらくお休みでございます〜
[PR]
by joi-mako | 2011-01-31 19:55 | Comments(0)
マレーシアの環境に慣れてきた。のか?
毎日いろんなことが起こり、いろんなことをやっていて
報告したいこと満載やねんけど、
写真を取り込むカードリーダーを
持ってくるのを忘れて載せられへん。

ここのオフィスの人に頼んだけど、
返事が返ってくるのに数日かかる。

遅い!
ゆるすぎる!
こんなんでええんか!?
仕事はちゃんと進むんか!!??

と心配するものの、ワークショップとか見とうと、
ちゃんとモノゴトが進んでいく。
日本ではキリキリ仕事せんと回らへんのに、
どないしたらこうなるんやろう...。

ここにおる間にどんな秘密があるんか見ておきたいもんです。

ここ数日は、夜中に刺しにくる蚊に悩まされとります。
ブンブンうなりながら、夜中に飛んできてはうちを刺し、
すでに虫さされの痕は数えきれへんほど。
クーラーはあまり好きちゃうけど、
窓閉めてたらそれなりに暑いんで、
クーラーを弱めにつけ、
シーツを頭からかぶり、
眠る。

が、いつの間にか腕はシーツからはみ出し、結局蚊の餌食に。
おかげで毎日夜中に何度も目が覚める。
そして疲れる。
疲れたところに何かにあたったようでお腹を壊す。
さすがに異国で腹痛に悩まされながら仕事するんはツライ。
しかし、マレーシアで生活するには一度を通らねばならぬ道か!?

今日はお粥で過ごすべし。
仕事の話をする前に生活の話で終わってしまう...
[PR]
by joi-mako | 2011-01-24 17:10 | Comments(4)
道路がコワイ
途上国でのうちにとっての最大の難関のひとつは道路を渡ること。
信号のないとこを渡って車にはねられたことのあるうちとしては未だに怖い。
日本のように一応ルールを守るドライバーが多い国でさえ、信号のないとこを渡る気にはなかなかなれぬ。そしてほぼ確実に信号無視はしません。

ということで、途上国のように信号とか横断歩道という交通システムがいまいち整理整頓されてへんとこでは、うちは途方にくれてしまう。特に車がビュンビュン通る、首都のようなとこではしばらく道路にたたずんでしまう。エジプトではあまりに車が多くて速いので、怖くて外に出られず、ホテルに閉じこもってしまったことがあるくらい。
マレーシアはもはや途上国ではないので、信号はちゃんとあるやろうと思ってきた。
空港からアパートメントまでの道路ではちゃんと歩行者用の信号機を発見し、ホッと一安心。

ところが、うちの住むアパートメントから近くのモールまでデカイ道路を信号機なしで渡らねばならない。エジプトやタイほど「あ、絶対ムリです」という程の交通量ではなかったものの、信号のシステムがよう分からず、右に行く車が赤信号で停まったと思うたら、左に行く車が動き始める。これって左に向かう車が停まったら、途中まで渡って、次は右行く車が信号で停まるまでしばらくそこで待たんとあかんちゅうことか!と愕然とする。
それでも決死の覚悟で渡らねば、買い物にいけぬ。
ということでがんばって、びびりながら、ちょっとずつ渡ったものの、要領悪く、わざわざ十字路で渡ってしまったがために4度くらい(縦半分ずつ、横半分ずつで4度)いちいち覚悟をせんと、渡られへんかった・・・。

帰りも道路を渡るのが憂鬱で、なかなか外に出られず。
でも帰りは意外にスムーズに渡れた。
しかし、ここにいる6週間、ずっとこんな覚悟を強いられるんやろうか。
いつか慣れるんやろうか。

滞在2日目にして、もはやホームシック!
ルールに従って動く道路に戻りたい!
普段ルールにがんじがらめにされるなんて、人間は自由なはず!とか思うてるくせに、いざルールのないとこ放りこまれると(大げさ)びびる・・・
果たして都会育ちのうちは、ここでサバイブできるんやろうか!?
誰か道路をスムーズに渡れるコツを伝授して!

注:こんなしょうもないことでビービー言っとって、途上国行ったことないんちゃうか!?と思われるかもしれませんがそういうわけではありません。が、業務の性質上、東京がフィールドなので、長めの途上国(でもないか、中所得国?)滞在は初めてなのです。
[PR]
by joi-mako | 2011-01-19 09:49 | Comments(4)
か、からい・・・
マレーシアについて二日目。お昼は外で食べようと思って、初めて外に出てみた。

そう、今うちはマレーシアの首都、クアラルンプールにおります。
ジョイセフは、IPPF(国際家族計画連盟)の東京連絡事務所をしとります。
「国際」と名がついてる通り、加盟協会は世界150ヶ国にあり、本部だけでは見切れないので、地域ごとに事務局があります。マレーシアには東・東南アジア・オセアニア地域を管轄している事務局があり、うちは6週間、出向という形でここで仕事をすることになったんです。

ということで土曜日夜遅めにアパートメントに着いて、日曜日は部屋の整理と日本から持ってきた宿題と、生活用品のお買い物ということで近くのモールに行ってから戻り、というスケジュールで過ごしました。

そのモールで食べた初めてのマレーシア料理。
親切なことに、辛いものメニューにとうがらしマークがついてて、辛いのんが苦手なうちは当然ながらとうがらしマークがついてへん麺を頼んだ。
が、ウェイターさんがもってきてくれたサラワクなんとかという麺は、どんぶりの中がどす黒い液体のみ!でも、わざわざ小皿に辛いもの好きのために練ったとうがらしみたいなものが一緒にきたから、辛くないはず、と思い直して(言い聞かせて)一口。
あーーーーースパイシィ!!!!!!!!
からい!辛い!!!
多分、他の人にとってはからくないんやと思う。
でも、うちには十分からかった・・・
しかも麺はなんだか頼りない感じで、ぶつぶつと短く切れとうし。
具は、ゆで卵とエビと鶏肉。
でも液体しか見えへんかったくらい、少なくて、
麺を食べとうんか、辛いスープを飲まされてるんか、
よう分からへんようになってしまった。

それでも栄養はとらんといかんので、卵とかエビとかあたったらどないしようと思いながら
辛いのんをがまんして必死に食べた。

食べ終わったころには、鼻の頭にすごい汗。
そしてものを食べてて、初めてうなじに汗をかくという経験をしました。
買い物中クーラーで冷えてしまったので、一緒に頼んだ飲み物は温かい紅茶。
冷たい水を頼まへんかったことを大変後悔しました。。。
[PR]
by joi-mako | 2011-01-17 20:09 | Comments(0)