ブログトップ
いつもどこかで朝が…
週末のお食事模様
週末のお食事は、大体いつも近くのホテルで摂っている。
魚は日本で見かける鯛くらいの大きさのものを一尾ずつ売っていて(しかもたまにしか売りに来てくれない)、そんなデッカイ魚、
自分でさばけないし、
牛は、半身をつるした形で売っていて、どこの部位をどれくらい、という買い方がスワヒリ語でできないので、買えず、
鶏は、生きたまま売っていて、恐らく自分で絞めないといけないので手を出せず。
ということで、スーパーでパックされた魚やらお肉やらしか買ったことのない軟弱な私のお食事はホテルで、となってしまう。
平日はほとんど魚を食べる機会がないので、最近は大体魚の揚げたのとじゃがいもを揚げたのにしている。つけあわせにレモンと塩で味付けしているカチュンバリというサラダ。たまーに、魚じゃなくて鶏肉を揚げたもの。
よく飽きもせずに…と自分でも思うが、これが結構オイシイ。
特に、じゃがいも!(メインのタンパク質の方じゃなくて!?というツッコミは、まあ置いといてください)
何が違うのかよく分かりませんが、
ああ、こんなに揚げ物ばっかり~、太る~
という雑念を吹っ飛ばす美味しさで。
かてて加えて、注文したらお料理が出てくるのに
早くて40分、かかる時は1時間という魔の時間が
出てきたお料理の美味しさに拍車をかける(注文受けてから材料買いにいってるのか?と毎回思ってしまう)。
もうお腹すいて倒れます!っていうくらいの状態で
揚げたてが出てくるので熱いのも構わずがっついている(わりと毎回指やけどしてる)。
で、がっついてるので、いつも写真を撮り忘れる。
魚は尾頭付きのものを手で解体してムシャムシャと。
鶏肉は骨付き肉をむしり取ってガツガツと。
ほぼ必ず、ナイフとフォークが出てくるけれど、使ったことはない。
お上品さのカケラもない食べ方・・・気付くと結構毎回そうなってる。
でも、全身全霊をかけていただいてます!みたいな感じで食事してると、
バラエティは少ないけれど、お腹いっぱい美味しいものを食べられることのありがたさで身体が満ちてくるような気がします。
オサカナさま、ニワトリさま、ジャガイモさま、いつもありがとう。
おかげで今日も元気です。
[PR]
by joi-mako | 2014-09-15 21:30 | Comments(0)
<< メイズ友の会 会報1号 少しずつ生きて行こう Let ... >>