ブログトップ
いつもどこかで朝が…
シゴトとホコリとオドリと
ここでの仕事は、多岐にわたる。
ボランティアさんを育成し、再研修を通して知識を更新してもらい、
コミュニティの人たちにリプロダクティブ・ヘルスの知識を伝えてもらう。
診療所で働く医療従事者にも、
技能研修を受けてもらい、知識と技術に磨きをかけ、
より良いサービス提供を目指す。
保健施設の改善のために、
施設の改修・建設、
水のアクセスの確保を行う。
それに必要なコミュニティの関係者との調整、
建設技師との調整、
県保健局との調整
等、等、等。
医療資機材も足りていないので必要なものを調べて
見積をとり、予算と相談して購入する。
保健施設とコミュニティの関係を強化するために関係者と会合をして、計画を立ててもらう。
活動に必要なお金を支出して(通帳とキャッシュカードとかないので小切手を切って現金を引き出す)、領収書を取り付けて帳簿に記録をとる。
そして全ての活動の報告書を書く。
そういういわゆる「活動」に加えて、
現地スタッフを雇用しているので、
彼らのお給料の支払い、
社会保険料、所得税の払い込み、
オフィス備品の管理、
警備会社への支払い、契約交渉、
免許も持ってないのに、プロジェクト車輌の管理
というような総務・経理的な仕事もやる。

上から下、右から左、全方向である。
そんだけいろいろ手を出してれば、
どこかで、常に、何かが、起こっている。
毎回、そんな展開アリなんですか!?
と聞き返したくなる、受け取り拒否不可びっくり箱定期便。
大きさも、色も、中身も、受け取る度に違う。
開けないと前に進めないので、
開けてはびっくりし、胸がドキドキして、
頭が真っ白になる。
真っ白になってる間に、スタッフがサクサク動いて
私は、「じゃあそれで行こう」と指示を出すだけで良い時もある。
日本にいる上司に相談して動かせる時もある。
でもその場で、即判断を下さねばならない時もあるのだ。
大げさなものではなかったとしても、
その判断が後々いろんな方面に影響を及ぼす可能性大なので、
いちいち緊張する。
日本で仕事をしていた頃からすると、
想定の範囲外過ぎて、
これまでの経験が活かせない。
従って、結構いつも必死である。
でも新しい展開は、
問答無用に新しい回答を引き出させる。
それが正しい回答かどうか分からない。
だけどその時、あらゆる状況を考慮した、ベストの回答ではある。
だから、次に同じようなことがあった場合、
状況が少し変わっていたとしても
その時に導き出した回答は、次に役立てるはずだと思って汗をかく。

びっくり箱は定期的に届く。
受け取りを拒否するという選択肢も、
開けないという選択肢も、
今のところない。
ならば、一か八か、
箱を開けた後の結果が楽しい方であることに賭けてみるしかあるまい。
人生はバクチだ。
そして、たとえ大負けしても、
どんなに身動きが取り辛くても、
雨の中でも、
踊ってしまえばいい。
踊って、
笑えば良いのだ。

あーでも、雨乞いの踊りをしたいほどもう雨が一滴も降ってくれない。
次は砂埃の中で舞うか。

c0227132_1529132.jpg

[PR]
by joi-mako | 2014-05-15 17:27 | Comments(0)
<< せっけんがお好き!? スモール コイン イズ ビュー... >>