ブログトップ
いつもどこかで朝が…
なぜゆで卵に失敗するのか?
シニャンガに来て、変わったことと言えば、食べ物の好き嫌い。
以前は苦手だったものが、こちらでは食べられるようになった。
牛肉、バナナ、鶏レバー、かぼちゃ、サツマイモ…
香りが強いものと、食べるとオホッとする系がダメだった。
なかでも筆頭はゆで卵。
卵料理全般は、少々苦手だったが、ゆで卵はもっさもさするし、
胃にはりつくような感じでもたれるので、絶対に手出さへんもんやった。
朝、卵料理を食べようものなら、一日中胃がもたれてるので卵料理は昼以降にしか食べへんかった。
が、研修が隔週で続いていた頃、会場で出る朝ごはんのゆで卵をなぜかその時は食べてみよう、と思い、試したら、なんと!ゆで卵ってこんなにおいしいもんやったんか!?と
驚愕の思いで食し、おかわりまでしにいった(一人ひとつずつしかないので結局おかわりもらえへんかった)衝撃の出来事。
なんせこの辺ではニワトリ様が人間とともに普通に歩いていらっしゃる(自転車が目の前を通る時は立ち止まり、交通ルールも守っていたりする)。
きっと卵も新鮮に違いない、と一人、悦に入り、卵を近くで買い求め、気が向いたらゆで卵を作って食べるようにした。

しかし…

長らくゆで卵から離れていたせいなのか、
私は致命的に料理がヘタなのか、
なんとゆで卵に失敗したのである。
しかも、2回も。

どうやってゆで卵なんぞに失敗するのか?
ネットで作り方を確認したら、沸騰しているお湯に卵を入れて、
と書いてあったのでその通りにしたら、
パッカーーーンと威勢のいい音がして、殻が割れた…。
黄身は妙に固いのに、白身はぶよぶよして、少々不気味な物体に。
作り方、2種類、見ました。
どっちも沸騰してるお湯に、と書いてありました。
で、失敗しました。

人に言うと、何アホなことしとうねん、と呆れられ、
ゆで卵は水からゆでるものである、と教えられました。
人生半ば近くになってようやくゆで卵の作り方を学んだ私、
それ以降、嬉々として作っておりました。
そして今日、オフィスの管理人のようなことをしてるおじいちゃんが、平飼いの卵(普通のより小さい)が手に入ったから、と売りに来たので即購入(今まで食べてたのはブロイラーの卵だったことが判明!それでも日本で食べるのより美味しかった)。
喜び勇んでその貴重な卵を茹でてみたら、また失敗。
いつも通りに作ったさ。
ワクワクして殻を割ったら、しゅるしゅるになって全く茹で上がらなかった白身部分が流れ出て、続けて殻を剥いたら、未だかつてない固さ(食べたらコリコリした)に仕上がった白身部分とに分かれるという事態に。

なんで?
どうして?

長らく忌み嫌っていたことを恨みに
ニワトリ様がバチを与えているのでせうか。
そのようなつれないことをおっしゃらず!
ニワトリ様、タマゴ様
次こそはどうぞ美味しく仕上がってくださいまし。
c0227132_1962194.jpg

仲良しの2羽。連れ立って歩くのが今風?
[PR]
by joi-mako | 2013-09-17 19:07 | Comments(0)
<< 山羊とかけて鶏ととく。その心は。 Daily Shinyanga >>